リレーション通信 第15号(2013.3)

第15号 掲載コンテンツ全文

TOPIX 新入社員、部署・人事異動の季節です関根由紀江式 春のコミュニケーション術

v15-01-01 社員全員で実践する5つの心得
 4月は、新人社員の入社や中堅社員の部署替えなど職場環境が変化する季節です。引き続き業務を円滑に進めるためにも、一日でも早く新しい環境に慣れることは大切な要素です。当社の専任講師・関根由紀江が働きやすい環境作りの心得と、おすすめコミュニケーション術をご紹介いたします。
働きやすい環境づくりの5つの心得
笑顔でおはよう
新人からの挨拶を待つのではなく、迎え入れる先輩・上司が笑顔であいさつし迎え入れ、お互いが歩み寄り易い環境を作りましょう。
言葉ではなく自らの行動で示す
自らの行動は常に見られています。電話応対や名刺交換の正しいマナーを身に付けてもらえるよう、自らの動作を見直してみましょう。
できないのが当たり前と思って評価する
できないからダメと決めつけるのではなく、できないなりに努力する仲間をきちんと評価することが大切です。
業務の統一化
電話の取り方、ファイルの綴り方、朝の清掃など細かい業務のバラツキは新人が混乱する原因です。個々に任せるのではなく全体で統一し、より分かり易くしましょう。
わかりやすく伝える
覚えること、やるべきことを明確に伝えましょう。言葉だけではなく、資料や画像などを準備し視覚的に印象づけるなど工夫して伝えることで、トラブルの防止にもつながります。



v15-01-02 ■コミュニケーションに役立つ実践例
某企業の部長さんの例ですが、一日一回、部下全員への声掛けを日課にされていらっしゃいます。営業で会えない方にも電話やメールで連絡し、部下全員の名前が載っているチェックリストで全員と連絡がとれたかどうか確認をするとのこと。朝礼で顔を見たからOKではなく、毎日一人一人と言葉を交わし状況を把握していると、部下からも気軽に報告・連絡・相談がくるなど、良い効果が生まれているそうです。
■早期退職を防止する為に
業務上の悩みを一人で抱えやすい時期ですので、先輩・上司に相談し易い雰囲気を全員で作りだすことが大切です。個々の顔色や声色は日々変化しますので、その小さな変化を見逃さずフォローすることが大切です。日々の何気ない会話の積み重ねが実は重要なんですね。

ケータイ・スマホ専用お仕事探し応援サイトくろーなしどっとjp

企業様向けにCMをリニューアル!
お仕事探し応援サイト「くろーなしどっとjp」のテレビCMを一新しました。今まで声のみの出演だったお笑い芸人のベンビーさんがビジネスマンに扮して登場します。


v15-03-01

税理士Q&A

税理士 Q.納税者総背番号制について教えて下さい。
A. 消費税の増税法案は既に成立しています。個人の所得税率、相続税の税率は増税になる雰囲気です。そこで問題になるのが税の捕捉率の問題です。増税の嵐の中、果たして納税者の皆さんが正確に計算した申告をするかという点です。これを担保するのに、納税者全員に背番号を打って、あらゆる収入をその番号に集約し課税漏れを防ごうということが必要という考えから生まれています。勿論、課税以外には使わないという守秘義務が課せられた上の施策です。ただ今までの政権はこの背番号導入で痛い目に合っています。中曽根内閣の売上税以降ほとんど敗退しています。これを、アメリカと同様社会保険番号をキーに突破しようという案が今の主流です。現在の消費税が曖昧なまま導入されたのも、総背番号制に裏打ちされた売上税が頓挫したのが原因です。安部内閣の人気が高い中で導入が検討されていますが、果たして上手く行くでしょうか?
税理士 石川肇久プロフィール
1952年生まれ。大阪国税局勤務後、税理士開業。
税務・節制対策などのセミナーも多数開催。
上級ファイナンシャルプランナー。青山ロータリークラブ会長。
石川税務会計事務所
東京都千代田区二番町5-2 麹町駅プラザ803

社労士Q&A

社労士 Q.こ出張で移動するため朝早く家を出たり、夜遅く帰ったりすることがあります。このような場合、時間外手当はつかないのでしょうか? また出張中の労働時間の考え方について教えてください。
A. 原則として、出張の往復の移動時間は通勤時間とみなされます。したがって、給与を払う必要はありません。裁判でもこのような判断となっています。移動時間中は、ある一定の制約はありますが、睡眠、読書、食事・飲酒など自由にその時間を利用できるからです。仕事をしていない限りは労働時間ではありません。また、出張中に休日がある場合、その日は仕事をせず移動だけに費やした場合は休日として取り扱われます。
 次に、出張中の労働時間の考え方ですが、出張は会社の外で仕事をするものですから、会社がその実際の労働時間を確認することが困難です。その場合、労働基準法では、会社が定めた時間を労働したものとしています。働く時間が1日8時間の会社であれば、出張中は8時間働いているとみなされるわけです。  出張は通常の給与に加えて日当が支給されることがあります。ご当地グルメを堪能、余裕があれば観光など楽しみたいですね。
釈迦保険労務士 比嘉正人プロフィール
人事評価制度構築コンサルティング業務を中心に
「人事労務管理のポイント」「すぐできる人事評価制度の実践」
「会社を守る就業規則」などのセミナーも数多く行っている。
外間経営労務管理事務所
沖縄県那覇市泊1−1−3

関根由紀江のきっと芽が出る豆知識

33-3 第15回身だしなみ
 春になり装いも変わっている頃。さわやかな身だしなみで新しい出会いをしたいものです。
 男性は、スーツ姿の時には、Yシャツの第一ボタンと袖のボタンはきちんとしめましょう。また、その第一ボタンがみえないように、ネクタイをしっかりしめると良い印象になります。
 女性は、長い髪の方はまとめましょう。お辞儀をしたり、お茶出しをするときに、相手に不快感を与えないように心がけましょう。また、イヤリングやピアスなど、ぶら下がるものはできるだけ避けましょう。動きのあるものは、相手(周り)の気を散らすともいわれています。
 人と挨拶をする時は、背広やジャケットのボタンは必ずしめます。マナーを心得る『人』として、良い出会いをたくさんして下さい。

揚華の琉中さんぽ 第12回光盤運動

33-4  中国のインターネット上で「完食キャンペーン」が進行中だ。出された料理は残さず食べようという、沖縄ならごく当たり前のことがネットユーザーの間で流行っている。料理を奇麗に食べたあとの光り輝くお皿「光盤」の写真をネット上にアップして、「食べ物を大切に」と呼び掛けるのだ。  きっかけはネット上で公開された、宴会で食べ残された卓上の料理だった。魚や蟹や肉の料理が、中には手もつけられずに捨てられる。中国で宴会に招かれた人なら分かるが、これでもかこれでもかと豪華な料理が次々と出てくるのが中国流だ。沖縄のオバーの「カメーカメー」攻撃なんかかわいいものだ。「もったいない」と沖縄の人なら溜息をついてしまう。  中国語で「盛宴」と、食べ残しが多い宴会の意味の「剰宴」は発音が一緒だ。中国人の感覚でいうと、食べきれないほどのご馳走が出るのが盛大な宴会なのだ。残すことは文化、という人までいる。宴会や食事会を催して卓上に料理がたくさん残っていると主催者は満足なのだ。文化や習慣を改めるのは大変だが、食糧を無駄にしない心掛けは大切にしたい。  ただ、体型を気にするお年ごろの女性には中国流は都合がいい。美容のために食べ残しても咎められないから。
ウ ヤンファさん
中国沖縄交流史研究者 除葆光の道を歩もう会副理事長
RBCiラジオ「揚華の琉中さんぽ」パーソナリティー毎週日曜日8:30〜9:00
中国と沖縄の文化・ビジネスに関する話題や、
冊封副使「除葆光」の漢詩を紹介するなど幅広く情報発信しています。

「揚華の琉中さんぽ」 http://www.rbc.co.jp/extrairadio.php?RADIOryutyu
「揚華のニイハイおきなわ」http://yanghua.ti-da.net/

中国との交流で生まれたOkichinaコラム -オキチャイナ-15

v15-02-01 御三味~中国が起源の供え物~
 中国では、神や祖先の祭祀を行うときに供える牛・羊・豚を「三姓」と言う。この3つの動物を生きていた姿そのままに供える風習は、中国の殷代末期から清代末期まで脈々と引き継がれながらも、何千年という時代の流れと共に略式化され、その土地土地で多様に変化してきた。中国では現在でも、丸焼きにされた豚が定番のお供え物の一つだ。  この風習を御三味として琉球へ伝えたのは、14世紀頃に来琉した久米三十六姓で、その当時からつい最近まで豚・鶏・魚を姿そのままにお供えしていたという。那覇市の一部地域では、豚肉・鶏肉・魚を塩ゆでしたり蒸したりしたものを重箱につめて供える風習があり、久米三十六姓が伝えた御三味を感じることができる。  御三味は、旧暦3月のシーミーや旧暦7月の旧盆など、沖縄の年中行事には欠かせないお供え物となっているが、一般的に知られている豚肉、魚天ぷら、揚げ豆腐、赤かまぼこ、昆布、ごぼう、餅などの品々は、時代に合わせて登場し定着したものであるということは知っておきたい。伝わった当時の形式とは異なるが、中国と琉球の交流の証の一つとして今日に息づいている。

オンリーワン企業3

v15-04-01 株式会社南西産業
オンリーワンの源
■全国流通を視野に独自の商品企画
■琉神マブヤーの生みの親
■ジャンルに捕われない営業戦略
沖縄県豊見城市与根317-4 TEL:098-850-6048

畠中敏成 代表
観光土産品の総合卸問屋、(株)南西産業が生み出したのがあの「琉神マブヤー」だ。ヒーローショーなどマブヤープロジェクトとして幅広く展開し、多くのファンを獲得。現在、沖縄を舞台にした新作アニメーション「はいたい七葉」のアイテム開発・販売をまとめるなど、沖縄産業の底上げを目指し奮闘する南西産業の畠中代表にお話を伺った。

ここがオンリーワン
大人気のオキナワンヒーロー「琉神マブヤー」の発起人。
■幅広い分野で営業展開するその原動力は?
 本業は観光土産品の卸問屋ですので、沖縄の観光産業を盛り上げたいという思いがあります。しかし、今の時代ジャンルに捕われて企業の幅を自ら狭めてしまう必要もありません。我が社は単独で物作りができませんので、いかに魅力的で独創的な企画がたてられるかいうことが重要になってきます。一つのコンテンツで幅広い開発・販売を各業者とコラボレーションして展開できれば、少ない資金で効果的に全国へ波及させることができますよね。
■琉神マブヤー誕生のきっかけ。
 近年は地域性があるものがお土産として好まれる傾向があるので、それなら、沖縄の文化や言葉をキャラクターやストーリーに徹底的に投影させた新しいオキナワンヒーローを作ろうと思ったんです。琉神マブヤーは、沖縄の子供たちが好きになってくれたからこそ全国へ広がっていったんです。沖縄のファンには感謝しています。
■大切にしていることは。
 スクラップ&ビルドして「継続」することです。商品のステージや展開するエリアに合わせて、当初案を見直し破壊することが次のステージへ挑戦するきっかけを与えてくれます。また、沖縄のルーツを常に意識しています。沖縄の文化と日本の質の高い物作りを融合させた作品を作り、新たなサブカルチャー面での沖縄を世界へ発信していきたいです。

GWおすすめイベント情報

v15-04-02 泊いゆまち食堂
特設フードコーナー&200席の飲食スペース
5/3(金)、4(土)、5(日) 10:00~21:00
期間中は200席をご用意!泊いゆまちならではの海鮮食材を使ったメニューが味わえます。
・まぐろのカマ焼き
・車エビの塩焼き
・揚げたての魚天ぷら イカ天ぷら
  ・移動式店舗も登場


ファーマーズマーケット いとまん うまんちゅ市場
ゴールデンウィークフェアー
4/26(金)〜5/12(日)
新鮮野菜と豊富なイベントでGWを楽しもう!
・植木市&洋蘭市 ・盆栽教室
・園芸教室 ・野菜すくい
・焼きトウモロコシの販売 など
※イベントの詳しい内容、開催日時はお問い合わせ下さい。
 内容変更の場合もございますので、ご了承下さい。